映像・3DCG向けワークステーションとサーバーのゼウスコンピューター

Zeus TOP > 製品レビュー Xeonワークステーション > ベンチマーク編
イントロダクション編へ

Zeus Computer (ゼウスコンピューター)の目指すもの 時代は今、高精細映像の時代!
法人窓口
店舗アクセス スタイリッシュケースも自由に選べます。自由な組み合わせご希望の方はこちらへ。簡単申込みフォーム メルマガ登録
映像・CG・CAD・音楽クリエーターの皆様へ、最新情報、有益情報、 面白情報をお届けするメールマガジン、ゼウスコンピューター通信。
ご利用ガイド お問い合わせ 営業日カレンダー
製品レビュー Xeon ワークステーション ZEUS WS/Xeon E5 dual v3  ベンチマーク編――vs i7−4790K スレッドあたりの性能よりコア数がモノを言う!!
マシン内部

■Xeon ワークステーション
 ZEUS WS/Xeon E5 dual v3

●スペック:
CPU:Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2630 v3 2.40GHz (8C 16T 3.19GHz, 3.2GHz IMC, 8x 256kB L2, 20MB L3) x2
CPUクーラー:APSALUS3 120 x2
MB:ASUS Z10PA-D8
メモリ:Micron 8GB Registered-ECC DIMM DDR4 PC4-17100R x4(32GB)
グラフィックス:Aspeed AST2400 with 32MB VRAM(オンボード)
ストレージデバイス:
Western Digital WDC WD30EFRX-:3TB (C:)
HL-DT-STDVDRAM GH24NSC0(E:)
サウンド:SB-AGY-FX Sound Blaster Audigy Fx PCIEX
電源:850W Silver Stone SST-ST85F-P

※構成はカスタマイズで変更できます。
ベンチマークの結果はこのスペックで計測したものです。

Xeon ワークステーション ZEUS WS/Xeon E5 dual v3 ご購入はこちら!→
デュアルXeon E5-2630 v3 vs Core i7-4790K!!

ここでは、Xeonとその比較としてCore i7のベンチマークを取ってみました。

Core i7のスペックは以下のとおりです。

CPU:Intel(R) Core(TM) i7-4790K CPU @ 4.00GHz
MB:ASUS MAXIMUS VII RANGER
メモリ:G.Skill F3-2133C9-8GXH 8GB DIMM DDR3 PC3-17100U DDR3-2134 x2
NVIDIA GeForce GT 740 (2CU 384SP SM5.0

CINEBENCH R15.0

CG用ワークステーションとしての評価は、定番のCINEBENTIで行いました。

デュアルXeon:2018cb――i7-4790K:779cb
CPU性能比較なので、OpenGLは割愛して、デュアルXeonが約3倍近くのスコアを出しています。
クロックは2.40GHz――4.00GHzとi7-4790Kのほうが速いのですが、やはりコア数の差が如実に出ています。

デュアルXeon E5-2630 v3
Core i7-4790K

Sandra Lite (ver 2015.02.21.27) SiSoftware Sandra Lite

CPUの性能評価では定番のSiSoftware Sandra Liteでも比較してみました。
もちろん、ほとんどの項目ではデュアルXeonの圧勝ですが、実はスレッドあたりのスコアでは、i7-4790Kの方が勝っています。
これはクロックの差と思われますが、やはり総合性能となると、コア数の多さがものを言うのでしょう。

Sandraは、実に多彩な業務向けのベンチマークを含んでいますが、膨大な量のデータになりますので、今回は当店のお客様――クリエイター、研究者、ネットワーク関係のシステム開発、運用をされている方向けに内容を絞りました。

あと、省電力管理の効率という項目もありましたが、デュアルXeonはいずれも0ということで、この結果がをどう読み取ればいいのかわかりませんが、省電力はあまり期待できないと考えて良さそうです。
すべて0ということで、ベンチマークの結果は割愛させていただきました。

総合的なネイティブパフォーマンス

総合的なネイティブパフォーマンス デュアルXeon E5-2630 v3(左)とCore i7-4790K(右)。
双方の赤いチャートが該当部分。今回メモリは比較対象外。
プロセッサの性能(マルチスレッディング(MT)   
  デュアルxeon
E5-2630 v3
Core i7-4790K 単位
  < ベンチマークの結果 >   
    総合的なネイティブ パフォーマンス 322.6 138.59 GOPS
    Dhrystone 整数 AVX2:              451.65 193.16 GIPS
    Whetstone 浮動小数点 AVX:            277.74 119.12 GFLOPS
    Whetstone 倍精度 FP64 AVX:        191.17 83 GFLOPS
  < スレッドあたりの性能 >   
    総合的なネイティブ パフォーマンス:             10.08 17.32 GOPS
    Dhrystone 整数 AVX2:             14.11 24.15 GIPS
    Whetstone 浮動小数点 AVX:           8.68 14.89 GFLOPS
    Whetstone 倍精度 FP64 AVX:        6 10.38 GFLOPS
    スレッドの数:                        32 32 8  
  < パフォーマンス対速度 >   
    総合的なネイティブ パフォーマンス 101.07 31.51 MOPS/MHz
    Dhrystone 整数 AVX2:             141.49 43.92 MIPS/MHz
    Whetstone 浮動小数点 AVX:            87.01 27.08 MFLOPS/MHz
    Whetstone 倍精度 FP64 AVX:         59.89 18.87 MFLOPS/MHz

これはCPUの基本性能を測るのが目的で、当然のようにコア数の多い方が勝っています。
スレッドあたりの性能ではi7の勝ちですが、これは単純にクロック数の差といえるでしょう。スレッド数は32vs8になりますが、それだけのスレッドでやっと2倍速がマークできたので、スピード重視の方は、できるだけコア数の多いものを選ばれるといいでしょう。

マルチメディア処理(マルチスレッディング(MT))  
  デュアルxeon
E5-2630 v3
Core i7-4790K 単位
  < ベンチマークの結果 >   
    総合的な マルチメディア のパフォーマンス 351.24 295.23 Mピクセル/秒
    マルチメディア 整数 x32 AVX2:            372.2 339 Mピクセル/秒
    集計マルチメディア長期整数 x16 AVX2: 323.79 144.15 Mピクセル/秒
    集計マルチメディアクアッド整数 x1 ALU: 5 2.25 Mピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点 x16 FMA:          387.1 318.54 Mピクセル/秒
    マルチメディア 倍精度 FP64 x8 FMA:        300.77 238.3 Mピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点/クワッド x2 FMA: 21.35 9 Mピクセル/秒
  < 総合的な マルチメディア のパフォーマンス >   
    集計マルチメディア整数:                    347.15 221 Mピクセル/秒
    集計マルチメディア浮動小数点:                 341.21 275.52 Mピクセル/秒
  < スレッドあたりの性能 >   
    総合的な マルチメディア のパフォーマンス 11 36.9 Mピクセル/秒
    マルチメディア 整数 x32 AVX2:            11.63 42.37 Mピクセル/秒
    集計マルチメディア長期整数 x16 AVX2: 10.12 18 Mピクセル/秒
    集計マルチメディアクアッド整数 x1 ALU: 157 281 kピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点 x16 FMA:          12.1 39.82 Mピクセル/秒
    マルチメディア 倍精度 FP64 x8 FMA:       9.4 29.79 Mピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点/クワッド x2 FMA: 0.667 1.13 Mピクセル/秒
  < パフォーマンス対速度 >   
    総合的な マルチメディア のパフォーマンス 110.04 67.13 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 整数 x32 AVX2:            116.6 77.08 kピクセル/秒/MHz
    集計マルチメディア長期整数 x16 AVX2:        101.44 32.78 kピクセル/秒/MHz
    集計マルチメディアクアッド整数 x1 ALU:  1.58 0.51 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 浮動小数点 x16 FMA:          121.27 72.43 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 倍精度 FP64 x8 FMA:        94.23 54.19 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 浮動小数点/クワッド x2 FMA: 6.69 2.05 kピクセル/秒/MHz

単位がピクセル/秒になっているのを見ておわかりのように、画像系処理のテストです。当店で最も需要が多いと思われるクリエイター向けワークステーションをご検討されている方は参考にしてください。
画像系は、単純に2倍速にはなっていないので、なかなか厳しいかもしれません。実はスレッドあたりの性能がi7よりかなり低くなっているのに気付かされます。この辺は、i7-4790Kに実装されている拡張命令セットSSE4.1/4.2の効果かもしれません。XeonのE3シリーズではSSEが実装されているものもありますが、これはシングルCPUなので、コア数の限度があります。結果としてデュアルXeonのほうが優秀ですから、マルチメディアに関してもスレッド単位の性能を上げるより、コア数を増やすほうが得策ということになると思います。

科学的解析(マルチスレッディング(MT))   
  デュアルxeon
E5-2630 v3
Core i7-4790K 単位
<< 浮動小数点精度 (ハイ - FP64) >>   
  < ベンチマークの結果 >   
    集約された科学的なパフォーマンス: 21 16.35 GFLOPS
    一般的なマトリックス乗算 (GEMM) FMA: 95.33 44.73 GFLOPS
    高速フーリエ変換 (FFT) FMA: 4.65 6 GFLOPS
  < スレッドあたりの性能 >   
    集約された科学的なパフォーマンス: 657 2 MFLOPS
    一般的なマトリックス乗算 (GEMM):           3 5.59 GFLOPS
    N体シミュレーション:                     145 747 MFLOPS
    モンテカルロ·オプションプライシング: 1.36 2.31 GFLOPS
  < パフォーマンス対消費電力 >   
    プロセッサの消費電力:                     204 W
    集約された科学的なパフォーマンス: 103.16 MFLOPS/W
  < パフォーマンス対速度 >   
    集約された科学的なパフォーマンス: 6.59 3.72 MFLOPS/MHz
  < 一般的なマトリックス乗算 (GEMM) >   
    マトリックス寸法:                       5120x5120 3584x3584  
  < 高速フーリエ変換 (FFT) >   
    ブロックサイズ:                        4194304 2097152  
  < N体シミュレーション >   
    ボディのカウント:                       8160 5784  
<< 浮動小数点精度 (ノーマル - FP32) >>   
  < ベンチマークの結果 >   
    集約された科学的なパフォーマンス: 33.88 32.61 GFLOPS
    一般的なマトリックス乗算 (GEMM) FMA: 115.08 85.92 GFLOPS
    高速フーリエ変換 (FFT) FMA:             10 12.38 GFLOPS
    N体シミュレーション FMA:                 32.13 13.76 GFLOPS
  < スレッドあたりの性能 >   
    集約された科学的なパフォーマンス: 1 4.08 GFLOPS
    一般的なマトリックス乗算 (GEMM): 3.6 10.74 GFLOPS
    N体シミュレーション:                     311 1.55 MFLOPS
    モンテカルロ·オプションプライシング: 1 1.72 GFLOPS
  < パフォーマンス対消費電力 >   
    プロセッサの消費電力:                170 W
    集約された科学的なパフォーマンス: 199.3 MFLOPS/W
  < パフォーマンス対速度 >   
    集約された科学的なパフォーマンス: 28.3 7.41 MFLOPS/MHz
  < 一般的なマトリックス乗算 (GEMM) >   
    マトリックス寸法:                       7168x7168 4864x4864  
  < 高速フーリエ変換 (FFT) >   
    ブロックサイズ:                        8388608 4194304  
  < N体シミュレーション >   
    ボディのカウント:                      11552 8176  

科学的解析は、研究者の気になるところだと思うので掲載してみました。高速フーリエ変換では、デュアルXeonでも負けていますがマトリクス乗算(要するに行列の積)、N体シミュレーションでは勝っています。N体シミュレーションは、天文学的な掲載を行うのに使用するらしく、その筋の研究者の方は参考にしていただきたいと思います。

.NET 演算(マルチスレッディング(MT))   
  < ベンチマークの結果 >   
    総合的な .NET のパフォーマンス:             65.7 33 GOPS
    Dhrystone 整数 .NET:              36.09 19.39 GIPS
    Whetstone 浮動小数点 .NET:           105.77 47.38 GFLOPS
    Whetstone 倍精度 FP64 .NET:        135.33 66.32 GFLOPS
  < スレッドあたりの性能 >   
    総合的な .NET のパフォーマンス:             2 4.12 GOPS
    Dhrystone 整数 .NET:             1.13 2.42 GIPS
    Whetstone 浮動小数点 .NET:           3.3 5.92 GFLOPS
    Whetstone 倍精度 FP64 .NET:        4.23 8.29 GFLOPS
  < パフォーマンス対速度 >   
    総合的な .NET のパフォーマンス:             20.58 7.67 MOPS/MHz
    Dhrystone 整数 .NET:              11.31 4.51 MIPS/MHz
    Whetstone 浮動小数点 .NET:           33.14 11.02 MFLOPS/MHz
    Whetstone 倍精度 FP64 .NET:       42.4 15.43 MFLOPS/MHz

.NET マルチメディア演算(マルチスレッディング(MT))   
  < ベンチマークの結果 >   
     総合的な マルチメディア .NET パフォーマンス: 82 34.71 Mピクセル/秒
    マルチメディア 整数 .NET:                129.46 55 Mピクセル/秒
    集計マルチメディア長期整数.NET:            131 62.36 Mピクセル/秒
    集計マルチメディアクアッド整数.NET: 1.09 0.449 Mピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点 .NET:            41.79 17.33 Mピクセル/秒
    マルチメディア 倍精度 FP64 .NET:          102 43.87 Mピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点/クワッド.NET: 4 1.69 Mピクセル/秒
  < 総合的な マルチメディア .NET パフォーマンス >   
    集計マルチメディア整数.NET:                130.26 58.57 Mピクセル/秒
    集計マルチメディア浮動小数点の.NET: 65.3 27.57 Mピクセル/秒
  < スレッドあたりの性能 >   
     総合的な マルチメディア .NET パフォーマンス: 2.56 4.34 Mピクセル/秒
    マルチメディア 整数 .NET:                4 6.88 Mピクセル/秒
    集計マルチメディア長期整数.NET:              4.1 7.8 Mピクセル/秒
    集計マルチメディアクアッド整数.NET:        0.034 0.056 Mピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点 .NET:             1.3 2.17 Mピクセル/秒
    マルチメディア 倍精度 FP64 .NET:          3.19 5.48 Mピクセル/秒
    マルチメディア 浮動小数点/クワッド.NET: 0.126 0.21 Mピクセル/秒
  < パフォーマンス対消費電力 >   
    プロセッサの消費電力:                     204 W
     総合的な マルチメディア .NET パフォーマンス: 402.11 kピクセル/秒/W
    マルチメディア 整数 .NET:                634.61 kピクセル/秒/W
    集計マルチメディア長期整数.NET:              642.42 kピクセル/秒/W
    集計マルチメディアクアッド整数.NET: 5.35 kピクセル/秒/W
    マルチメディア 浮動小数点 .NET:             204.85 kピクセル/秒/W
    マルチメディア 倍精度 FP64 .NET:          500.13 kピクセル/秒/W
    マルチメディア 浮動小数点/クワッド.NET: 19.85   kピクセル/秒/W
  < パフォーマンス対速度 >   
     総合的な マルチメディア .NET パフォーマンス: 25.7 8.09 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 整数 .NET:                40.56 12.82 kピクセル/秒/MHz
    集計マルチメディア長期整数.NET:              41.06 14.51 kピクセル/秒/MHz
    集計マルチメディアクアッド整数.NET: 0.34 0.1 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 浮動小数点 .NET:             13.09 4.05 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 倍精度 FP64 .NET:          31.96 10.21 kピクセル/秒/MHz
    マルチメディア 浮動小数点/クワッド.NET: 1.27 0.39 kピクセル/秒/MHz
この辺は.NET・・・要するに、マイクロソフトの.NETを使用したネットワーク環境を想定したテストだと思われます。
ということは、WindowsベースのWEBサーバーやネットワーク環境におけるアプリケーション開発、運用をされている方の参考になるかと思います。こちらはさすがにサーバー向けのXeonが圧倒的ですね。

 

Xeon ワークステーション ZEUS WS/Xeon E5 dual v3 イントロダクション編へ→

Xeon ワークステーション ZEUS WS/Xeon E5 dual v3 ご購入はこちら!→

クレジットカードOK! Zeusサーバー・ワークステーション情報ブログ
お客様の声 PCラインナップ 売れ筋ランキング

1

ZEUS Workstation/Core-X

ZEUS Workstation/Core-X

¥211,680

ZEUS Workstation/Core-X

詳細

1

ZEUS WS/Xeon Scalable Dual Silver/EATX

ZEUS WS/Xeon Scalable Dual Silver/EATX

¥416,880

フルタワー・デュアルXeon Scalable Silver ワークステーション EATX 16メモリ

詳細

1

ZEUS OPENRACK/Core-X

ZEUS OPENRACK/Core-X

¥211,680

Intel Core i7 9800X 搭載オープンラックモデル

詳細

1

ZEUS WS/Xeon Scalable Dual Silver/MULTIGPU/2080Tix3

ZEUS WS/Xeon Scalable Dual Silver/MULTIGPU/2080Tix3

¥990,800

ZEUS WS/Xeon Scalable Dual Silver/マルチGPUワークステーション/RTX2080Tix3

詳細

1

ZEUS Micro Workstation/Xeon E

ZEUS Micro Workstation/Xeon E

¥207,800

コンパクトIntel Xeon E 搭載ワークステーション

詳細

SHOPPING INFORMATION

BackToTop